深夜にキャッシングする方法とは

深夜にキャッシングするための準備をしよう

飲み会や残業などで終電がなくなったとき、多くの方はタクシーで自宅に帰ろうとします。
この時問題になるのが、タクシー代です。
電車なら数千円の距離も、タクシーを使うと数万円になることが少なくありません。
特に深夜割増が付くと、なおさら高くなります。
クレジットカードで払えればいいですが、カード払いができないタクシーもあります。
真夜中に突然、現金の必要が生じたときに便利なのが、コンビニのATMを使ってお金を借りる方法です。
もっとも、急に深夜にお金が足りなくなったときに備えて、あらかじめカードローンに申し込みをしておく必要があります。
審査が通り、ローンカードが手に入れば、最寄りのコンビニに駆け込んで、真夜中でもキャッシングができるのです。
また、公共料金や税金の支払いや、クレジットカード代金の引き落としが翌朝に迫っているのに銀行口座の残高が不足するケースもあるでしょう。
残高不足で引き落としができないと、後日請求が来たり、クレジットカードが利用停止となるなど、不都合が生じます。
そうならないよう、銀行の営業が始まる翌朝の9時までに残高を追加する必要があります。
気づいたのが遅く、最寄りのコンビニATMでキャッシングをして、銀行口座に移せないという場合には、振込みキャッシングが便利です。
インターネットや電話の自動受付システムを使えば、深夜でも振込依頼ができます。
銀行によって直ぐに着金するところと、朝イチで入るところがあります。

関連ページ

祝日・祭日に20万円借りたい方へ
祝日・祭日にお金を借りる方法に関する情報を公開しています。
週末にお金借りるならこの方法!
週末に20万円借りることは可能?そんな疑問に応える情報をお届けします。