年利・年金利回り法とは

消費者金融を利用する際の金利は、年金利回り法で計算されるのが一般的

消費者金融からお金を借りる時に一番気になるのは金利でしょう。 金利が低ければ支払う利息が少なくて済むわけですから、返済計画も立てやすくなります。 金利には名目金利と実質金利というものがありますが、消費者金融で表示されている金利は実質金利で表示することが義務付けられています。 そして、この時の利息は年金利回り法という計算方法で算出されるのが一般的です。 たとえば、10万円のお金を年利15%で消費者金融から借り、毎月1万円ずつ返済していく時のことを考えてみましょう。 恐らく多くの人は、10万円を年利15%で借りれば、年間に発生する利息は1万5000円、これを12分割して1250円を毎月支払っていくことになると考えるでしょう。 しかし、これはあくまでも名目上の金利であり、実質金利を反映していません。 というのも、毎月の返済を重ねるうちに元金が減少しているからです。 これを考慮に入れた計算方法が年金利回り法ということになります。 では、年金利回り法で計算すると利息はどうなるのでしょうか。 この場合、すでに返済されている部分については経過期間中に発生した利息は差し引かれることになり、残りについては元金に充足されることになります。 年金利回りの計算式は「元金残高×年利÷365×経過期間」となりますから、上記の条件で考えると1ヶ月あたりの実質の利息は1250円ではなく1233円となります。 これを差し引いた8767円が元金充当額となるのです。

関連ページ

クレジットカードで20万円借りたい時に
クレジットカードでお金を借りる方法に関する情報を公開しています!
クレジットカードのジャンルとは
クレジットカードのジャンルに関する情報を公開しています!
ネットキャッシングで借りるならこの方法!
ネットキャッシングで20万円借りるには?そんな情報をお届けします。
保証人とは
保証人とは何かを知りたい方へ