ジャパンネット銀行の歴史とは

日本初のインターネット専業銀行であるジャパンネット銀行の歴史

今やインターネット専業銀行は珍しい存在ではありませんが、ネット銀行の歴史は浅く、2000年に設立されたジャパンネット銀行が日本初のインターネット専業銀行とされています。
IT化が進む21世紀の先駆けとなる銀行として誕生し、ジャパンネット銀行を含むその他のネット専業銀行は新たな形態の銀行と呼ばれています。
従来の都市銀行や地方銀行とは異なり、ネット銀行は店舗を持たず、入出金は提携する銀行やコンビニのATMを利用、預金通帳は発行せず銀行のホームページにログインすることで預金残高が確認できるというシステムです。
他にも投資信託やローン商品の提供なども行っていて、これらの手続きをインターネット上で行うということ以外は通常の銀行と変わりありません。
ただ、ネット上の様々なサービスを受けるに当たってネット銀行の口座が必要とされることもあります。
ネット銀行の先駆けとなったジャパンネット銀行は、住友銀行、富士通、日本生命、NTTドコモなど8社による共同出資で設立されました。
これまでに様々なインターネット金融を提供してきています。
具体的に言うと、一般的なネット銀行同様に預貯金、外貨預金、ローンから始まり、Yahoo!オークションと提携して落札決済を行えるようにしたり、totoやBIGなど宝くじの販売、競馬やボートレースなどの公営競技への投票も可能です。
また、他社と比べて取引手数料が比較的安いのが特徴であり、個人利用者には使いやすい銀行となっています。

関連ページ

アコムの歴史とは
簡単便利なアイフルの申し込み方法と条件に関する情報を公開しています。
三井住友ビザカードで20万キャッシングしたい方へ
三井住友ビザカードに関する情報を公開しています。
新生銀行の店舗/ATMで20万円借りたい時に
新生銀行の店舗/ATMに関する情報を公開しています。
楽天銀行の店舗・ATMで20万円借りたい時に
楽天銀行の店舗・ATMに関する情報を公開しています。